« 男盛り | Main | お買い物 »

March 26, 2005

バタフライ

及川光博のアルバム「ヒカリモノ」に「バタフライ」という曲が入っている。「ヒカリモノ」というアルバムは、ラジオドラマが入っていたり(それも伊武雅刀と及川光博が繰り広げるスネークマンショーを彷彿とさせる傑作が)、安全地帯の「じれったい」をカヴァーしていたり、なかなか充実している。

購入して初めて聴いた時から「バタフライ」がどーもひっかかっていた。アルバム中ではダンスナンバーではなく、「恋のヒゲキ」や「恋愛中毒」に比べると地味め。でも、なんか懐かしいというか馴染みな感じがしていた。

「バタフライ」が9年目イベントライヴや今ツアーでセットリストに加わり、生で聴いてやっとひっかかりのワケに気がついた。角松敏生のテイストが感じられるのである。

それも、キラキラして勢いのあった頃の角松の(笑)。で、角松なお友達に「バタフライ」を聴いてもらい、具体的に似ている曲はないか聞いてみたところ「CINDERELLA」という曲に似ていることが分かった。全体的に似ている訳ではなく、ほとんど同じなフレーズがあるのがこの曲というだけで、やはり全体的に角松敏生テイストを纏っている。

「CINDERELLA」は、1989年リリースの「REASONS FOR THOUSAND LOVERS」というアルバムに入っている。15年も前のアルバムであるけれども、この頃の角松は勢いがあって、とても好きだ。名曲「飴色の街」もこのアルバムだし。

アーティストとしての有り様やキャラ、スタイル、まったく違うけれども、まぁ一番違うのは外見だけれども(笑)、自分の好む曲というのはどこか似たところがあるのだなぁ、と、ちょっと嬉しく思ったりもする。

ちなみに。「バタフライ」をライヴで歌う時、みっちーが「閉じ込めていいんだ」と呟くのが、あまりにも色っぽくていつもクラクラしてしまふ。

|

« 男盛り | Main | お買い物 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/3449894

Listed below are links to weblogs that reference バタフライ:

« 男盛り | Main | お買い物 »