« 月曜日にはバラを | Main | 鼻歌 »

March 15, 2005

Ways

及川光博、稲垣潤一と音楽話が続いたので、ここいらで角松についても書いておくか(笑)。

角松敏生である。説教好きでスッチー好きでTV出演時のメイクが濃い(たまにしか出ないから加減が分からんらしい)アーティストである。そんな角松の音楽が好きだ。

説教好きなのは、日大の哲学学科に8年いただけのことはある、というものの考え方、捉え方、自らの納得の仕方についての考察を、自分の音楽を好きで聴きに来てくれたファンに説明したい、という気持ちが説教っぽくなってしまっているが故、なのかなぁ、と思う。

最近の角松の曲で、妙に気に入ったのが「Ways」だ。アルバム「Incarnatio」に収録されている。”いつも何気ない会話でもちょっとしたことで 分かるやさしさと身勝手さを 全部抱きしめて暮らせたらきっと素敵だろう なにもかも許せるかな”という歌詞が、初めて聴いた時から頭を離れない。

ここまで言えるのか、角松。凄いな、やっぱりお前(敢えてタメグチ)。という感じだった。なんとなくそういう気持ちを抱いていたとしても、ここまできちんと言葉にできるというのが凄いと思う。実体験を元に、身を切るように曲を書くタイプである角松であるが故に、そういうことがあったのか?とかも思ってしまったり。

ノリの良いチャカポコした角松の曲も好きだけれども、こういうメロウな感じの曲が一番好きかもしれない。この人の歌は、CDでキッチリ聴くほうが好みかも。ライヴも楽しいけれども、ライヴだとα派がでまくってしまって、何故だか居眠りしてしまうんだもの~。ごめんね、角松。

今、角松は全都道府県を回るツアー中である。自分が住んでいる周辺以外のライヴにも足を運んでみたりしたが、今月末日、社会人が一番忙しいこの日、東京国際フォーラムでライヴがあるので、何としても行くのだ。この日ばかりは、アーバンでスタイリッシュな一番勢いのあった80年代のライヴを彷彿とさせるライヴを観たい。角松のライヴは、大人っぽくなければ、らしくない。

|

« 月曜日にはバラを | Main | 鼻歌 »

角松敏生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/3314534

Listed below are links to weblogs that reference Ways:

« 月曜日にはバラを | Main | 鼻歌 »