« 東京国際フォーラムは | Main | 眠ってしまう前に »

April 01, 2005

The night with you

昨夜は、なんとか開演時間直前に東京国際フォーラムに滑り込み、角松敏生のBoth Side Version Specialをオープニングから観ることができた。

Elastic Sideで始まり、どこで売ってるのだか理解に苦しむトレーナーを着て楽しげに歌っていた。昔の曲を演奏するコーナーでは、CAN'T YOU SEE を初めて聴くことができた。あの曲をゆったりとしたリズムで聴くと、曲が持つ色っぽさというか艶っぽさが際立ったような気がした。Elastic Side における見せ場のひとつでもあると思っている迫力のLady In The Nightが終わると、メンバー退場。角松ギター一本でNo End Summer ライヴ中盤でこの曲やられると、感情が終演気分じゃないので、ちょっとやりにくい(笑)。角松も「やりにくいだろー」と言っていたが。

Solid Sideへの導入は意表をついていた。東京国際フォーラムのステージの大きさを活用して、Elastic Sideの楽器セットの裏にSolid Sideのセットが組まれていたのだった!

Solid Sideツアーのセットリスト同様の頭三曲。2曲目の「The night with you」が好きだ。この曲をライヴで聴きたくてSolid Sideツアーを中心に今ツアーは追った。

真夜中が特別だった頃。私が中学生だった頃は、23時で十分真夜中だった。その時間帯に塾から帰ってくると、とてつもない暗闇の中を歩いているような気がしたものだ。違う塾に通っている幼なじみの男子と待ち合わせて帰るのは、恋愛感情がなくてもドキドキしたものだ。

そんなノスタルジックな感覚を刺激され、23時なんて普通の生活時間帯になっている今の自分とあの頃の自分を比べ、ギュッとせつない気持ちになる。角松の曲には、時々こういう曲がある。

結局、昨夜は22時過ぎで終演。その後深夜2時近くまで角松なお友達と楽しく飲んだ。真夜中である。東京国際フォーラム近辺は、流石に真夜中な感じになっていた。

故に、今日はとても眠い。

|

« 東京国際フォーラムは | Main | 眠ってしまう前に »

角松敏生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/3526111

Listed below are links to weblogs that reference The night with you:

« 東京国際フォーラムは | Main | 眠ってしまう前に »