« 終演 | Main | 今日のお客様 »

November 11, 2005

LIVE ACT TULIP 2005 in 東京 2日目

今日もNHKホールに行ってきた。今回の再結成ツアー、私にとっての最終日。

開演前にロビーでは、船越栄一郎を見た。がっしりと体格が良く、オーラでキラキラしていてテレビで観るより素敵でびつくり。

座席は3階Cブロック11列目。真正面は安部さん。だけど遠いのぉ~。それでも、安部さんと会えればそれで幸せ。TULIPの美しいハーモニーと素敵な曲に包まれる時間があれば、それで幸せ。

同会場での2日目ということで、メンバーもリラックスムードでニコニコ顔で登場。安部さんは最初のMCでレイザーラモンHG調で「フォー」とかやるし(笑)。


それでは、セットリスト。ちょっと昨日と変わってた♪

2005年11月11日 NHKホール
第1部
- 生ギターコーナー -
恋のドラキュラ
箱入り娘
<安部サンオープニングMC。曲が終わった後の皆さんの拍手と歓声だけを頼りに演奏しているのであります。「フォー」(笑)>
ムトウス
<財津サンのMC。ムトウスというのは雷鳥、鳥の歌ですね。次の曲も主人公は人間ではありません。次の曲は珍しい牛の曲です。馬ならねぇ、たくさんあるんですけれども(笑)。>
仔牛のロー・カウジー(安部さん今日もビシッと歌えました!)
<財津サンMC。コーラスを重ねるのが好きなバンドでね。たっぷりコーラスがあります。>
悲しみに挨拶を
置いてきた日々(安部さんのギターがピンと音を出したので何事?と思ったのも束の間、この曲を演奏♪)

私のアイドル
夏色のおもいで
神様に感謝をしなければ
<財津さんMC懐かしい曲が続きますが、懐かしい曲しかありませんが(笑)。hopeの歌詞の解説>
hope
風のメロディー

10分間休憩(女子化粧室超混雑)

第2部
I am the Editor(この映画のラストシーンは、ぼくにはつくれない)
この小さな掌(詩歩子へ)
ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
悲しきレイン・トレイン
<安部さんMC昭和54年リリースした次の曲。26年前の皆さんのその頃のことを思い出しながら聴いてください。当時、財津和夫が31歳、僕らはまだ20代でした。>
虹とスニーカーの頃
青春の影
<財津さんMC デビュー3曲目にして売れた。TULIPの運命を変えたこの男(姫野さんのこと)TULIPの救世主!この男のおかげで今日また皆さんにお会いできました。>
心の旅
<財津さんMC またどこかで皆さんにお会いしたいと思います>
Someday Somewhere
Shooting Star

アンコール
銀の指環
早くおいで
エジプトの風
夢中さ君に

モアアンコール
魔法の黄色い靴


昨日と今日の安部さんは、私がよく書く「肩幅に足を広げ目を閉じて薄く口をあけてギターを弾く」という仕草ではなく、ちょっと前かがみで身体を左右に揺らしギターを前後に揺らしながら、ロックンロールしてる風にギターを弾いていることが多かった。これはこれで好き。足は左足をよくあげるのね。(^^♪

エンディングで、安部さんがギターを高々と掲げて満面の笑みで手を振ってくれた。またしばらくこの笑顔に会えないのか・・・・・・。

今週は仕事が精神的に厳しくて、今日職場を出る前に上司に「来週はTULIP九州ツアーなんですけど、4日間休んで行ってきていいですか」と、ぐったりしながら言ってみたら「あ、それなら俺も行く。置いてかないで」と、あっさりノッテきた(笑)。ふたりして失踪する、ふたりしてTULIPを追っかける、さて職場ではどちらが罪が重いでしょうか。

|

« 終演 | Main | 今日のお客様 »

TULIP・THE ALWAYS・安部俊幸」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/7046998

Listed below are links to weblogs that reference LIVE ACT TULIP 2005 in 東京 2日目:

« 終演 | Main | 今日のお客様 »