« ココログが重い | Main | ココログが重い(BlogPet) »

November 29, 2005

スマイル♪

稲沢市民会館での角松敏生ライヴは、素晴らしい出来だった。

白状すると、最近の角松ライヴでよく私は居眠りをしていた。スローな曲になるとがくっと首が下がってしまったり、身体が揺れるほど眠ってしまったり、まったく失礼極まりない客だったのだ。それは先のツアーではElastic sideのライヴで度々行ってしまっていた。

なので、今回の稲沢ライヴはちょっと不安であった。だけど、オープニングから次々と歌われていく曲はどれも新しい魅力を放ち、次の曲は何だろうどんな風に歌われるのだろうと、わくわくしっぱなしだった。

なかでも、しゃかりの千秋さんとのデュエットである映画「ミラクルバナナ」のエンドロールで流れる「スマイル」は、千秋さんの比類なき美声と角松の哀切な魅力が最大に出た歌い方と声により、「スマイル」という曲の持つ世界観がどんどん広がっていて、感動してしまった。

まずマイクが2本ステージに運びこまれた時点で、これはもしや千秋さんがゲスト登場し「スマイル」をライヴで聴けるのでは!?とドキドキした。マイクが2本だったのでW下地さんかな?ともちょっと思ったのだけれども、「ミラクルバナナ」ご当地である名古屋なだけに、これは・・・きっと!と思った時に千秋さん達が登場した。

まず歌われた「北谷もうし」。この曲で初めて千秋さんの声を聴いた。鳥肌がたった。もしやマイクがいらないのでは、とも思われるたっぷりとした声量と伸びのある声。そしてあの声、声なのだ。鳥肌がたったのは。

その鳥肌のひく間もなく「スマイル」を聴いた。角松が「スマイル」の世界観を長々と語ってはいた。そしてだからこそ対象が広いので売れるのではないか!?とも(笑)。それでも鳥肌はおさまらず、そのまま「スマイル」を聴いた。

ゆるやかに始まる曲。最初に千秋さんが歌いだす。再び肌は粟立った。そして最初のサビのあたりでもう涙が出てきた。歌うふたりは笑っている、にこやかに歌っている。だけど涙が溢れて仕方が無かった。

曲の終盤ではもう、勘弁してくれというくらい涙がでた。曲が終わって立ち上がって拍手をして再び席に座っても、泣けて泣けて困ってしまった。

「スマイル」という曲は、そのタイトルに反して涙が自然に溢れるような曲だった。こんなに良い曲はもっと世に知られなければならない、強くそう思った。この曲は絶対シングルにしてガンガン売らなくては!

こんなに素晴らしい曲をつくることができる角松。悪かった!今までライヴで居眠りなんかして、申し訳ない!あなたは、素晴らしいメロディメーカーであり、アーティストだったよ。

|

« ココログが重い | Main | ココログが重い(BlogPet) »

角松敏生」カテゴリの記事

Comments

感激!感激!しゃかりの千秋さんの稲沢コンサートの感想文を読まれましたか。これも感激!スマイルもミラクルバナナも大ヒット間違いなし。http://64.225.102.162/yyybbs/yybbs.cgi

Posted by: 博多のElvis | November 29, 2005 at 23:30

早速千秋さんの感想文を拝読して参りました!あーっ、凄い嬉しい♪
スマイルもミラクルバナナも、本当にたくさんの人に知ってもらいたい!と切に願ってしまいます。

Posted by: jaiko | November 29, 2005 at 23:55

また、みんなのうた で流れてくれないかしら。
広い世代に聴いてもらいたい素敵な作品だと思います。

Posted by: サマンサ | December 01, 2005 at 08:58

The comments to this entry are closed.

« ココログが重い | Main | ココログが重い(BlogPet) »