« 翌日くるように | Main | 角松運良し »

December 23, 2005

中野サンプラザを思い出す

角松の中野サンプラザでのライヴから、もうすぐ1週間が経つ。あの日のライヴをつらつら思い出してみる。

ステージに登場した角松はアルバムジャケットのままの姿で、スーツフェチの私にはGood!な衣装であった。

ピアノとキーボードが主体の前半6曲のうち、新曲はなかなか素晴らしく、バックの構成が活かされていた。旧曲でも「Girl in the Box」などは、おぉそうきたか!とワクワクした。がー、次の「You're My Only Shining Star」が始まると、うとうとしてしまったのだった。「氷の妖精」でなんとか持ち直したけれど。

その後、千秋さん達が登場し「こんな名曲はあと10年は書けない」と角松自身が言った「スマイル」では、稲沢市民会館での衝撃ほどではなかったが、やはり素晴らしい曲には変わりはなく落涙。曲のエンディングでの観客の盛り上がりも、稲沢市民会館でのそれとは比べようもなく、良くも悪くも東京の観客は冷静であった。

ライヴ後半は、Solidのセットリストとか最近のツアーとかが入り混じり、とにかく角松ライヴを楽しんだ、としか言いようがない感じ。うーん、良かったんだけど稲沢市民会館でのライヴがあまりに素晴らしかったものだから、比べちゃうのね。

ひとつ稲沢市民会館より評価できることといえば、モアアンコール時に観客がステージに押し寄せないように、警備バイトが配置されたことかな。実際、モアアンコール時にステージに駆け寄ろうと試みる人も見受けられなかったし。

来年は25周年。横浜アリーナでのライヴも決まっている。そしてアルバムを出すという。だけど、まずは「スマイル」を早く世に出して欲しい。

今年最後の角松のライヴであった中野サンプラザ。そのライヴは、私が観た今年最後のライヴでもあった。TULIPでも省吾でも及川光博でもなく、角松のライヴが今年のライヴを締めくくったのであった。

|

« 翌日くるように | Main | 角松運良し »

角松敏生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/7796861

Listed below are links to weblogs that reference 中野サンプラザを思い出す:

« 翌日くるように | Main | 角松運良し »