« 銀座スカイラウンジ | Main | ぼーっとしたい(BlogPet) »

May 04, 2006

ガメラは子どもの味方

「小さき勇者たち~ガメラ」を観た。

ゴジラ派とガメラ派に特撮映画ファンを強引に分けるとしたら、私は断然ガメラ派である。何故ならガメラは子どもの味方だったから。

が、平成三部作といわれる「ガメラ大怪獣空中決戦」「ガメラ2レギオン襲来」「ガメラ3イリス覚醒」でのガメラは、子どもというよりは地球の守り神的な感じだった。それでも、やはりガメラは好きなので、この三部作も大好きなのだけれども。

さて、「小さき勇者たち~ガメラ」である。以下、ネタバレ。

今日は、子どもの味方のガメラが好き、という気持ちを久しぶりに思い出した。

冒頭、自爆するガメラのシーンで既にうるっときた。伊勢志摩の人々をギャオスの脅威から守るために、自らの身体に噛み付かせてひき付けてからの自爆。平成三部作を観たガメラファンならば、「ガメラ3」のラストシーンと繋げて考えてしまうであろうシーン。

が、しかし。ストーリーが進むにつれ、主人公とトト(小亀状態)との交流に心温まり、ほんわか観ていたのも束の間。今回の対戦相手ジーダス登場。まだ小さい身体で応戦するトト。

この対戦シーンで関心したのは、小さい身体を活かしジーダスを橋に足止めした状態で火球を吐き撃退したところ。目が「しめた!」という感じでジーダスを睨み上げたところにグッときた。

だけど一番感動したのは、やはり終盤の子ども達の赤い石リレーだ。本当に小さな子ども達が、怪獣から逃げ惑う大人の人波に逆らいトトに向かって走っていく。力尽きそうになると、「トトにだね!」と以心伝心で次の子どもが赤い石を受け取りまた走っていく。もぅ、このシーンでボロボロ泣いた。

やっと赤い石がトトに届き、回転ジェットを駆使しつつ、最大級の火球を吐いてジーダスを倒し、力尽きるトト。そのトトを捕獲しようとする大人達の前に立ちはだかる子ども達。ここでも泣ける。

トトは、ガメラだけれども少年なんだよね。まだ。少年ガメラと子ども達が頑張ってジーダスを倒す。だから、小さき勇者たち。怪獣特撮映画、というだけじゃないと思った。

映画館には小さいお友達がたくさん来ていたのだけれども、映画が終わった後トイレの列で、就学前の小さい女の子から「ガメラかわいそうだったね」と話しかけられた。「かわいそうだったよね」と応えると「うん、でね、」と先を話しかけてくれようとしたところだったに、彼女の順番が来てしまって続きがきけなかった。

あんなに小さな女の子がこのガメラを観てどう思ったのか、知りたかったなぁ。ガメラは子どもの味方、って思ってくれたかな。


|

« 銀座スカイラウンジ | Main | ぼーっとしたい(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

トップの写真は映画館ですかね
かわいい

Posted by: レスポ | May 04, 2006 at 11:06

映画館に置いてあった大きなぬいぐるみです。
子ども達に混ざって撮影してもらいました、KeNさんに。(^^)

Posted by: jaiko | May 04, 2006 at 12:00

遅めコメントで失礼します。
映画を見てないので「どのシーン」と言えないのですがガメラの撮影ロケが私の町で行われてたらしいです。
(県の広報誌だったか?で見たような)

たぶんこの建物なんですが・・・
http://www.civic.jp/

どこかのシーンで出てきませんでしたか?
もしも壊されるなら是非みたい!

Posted by: lotteri | May 08, 2006 at 22:12

日立のロケは、最後にガメラが飛び立つシーンで使われたそうです。てっきり名古屋だと思っていました。^^;

Posted by: jaiko | May 09, 2006 at 23:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/9889164

Listed below are links to weblogs that reference ガメラは子どもの味方:

» 小さき勇者たち〜ガメラ〜 [mistone Diary]
漸く『小さき勇者たち〜ガメラ〜』を観た。相沢透役の富岡涼くんなのだが、演技も素晴らしいが彼の声がとても綺麗だと思った。耳に心地良い。子供だからいつか声変わりしてしまうのだがそれが勿体無いくらい(笑)。成長が楽しみだなぁ。この先のガメラシリーズに全部出て欲しいよ、涼くん! ストーリーはガメラの成長と戦いを通じて、同様に成長していく子供たちの姿。親子愛等々たっぷり詰まっていた。一言で表すのならば、やっぱり「ガメラは子供の味方だもん」。これが全てだろう。平成ガメラも良かったが、昭和ガメラの原点のテーマに... [Read More]

Tracked on May 14, 2006 at 00:53

» 「小さき勇者たち〜ガメラ〜」 [Mr.Bation]
ガメラがファンタジー映画に生まれ変わり評判も上々のようですね。と言うわけで、Hero-Nを連れて観に行きました。 正確に言うと「連れて行ってあげた」と言うより「付き合ってもらった」です。でも途中からは「結構おもしろいね。」「トトガメラのおもちゃ買ってくれる?」と気に入ったようです。 映画の方はもっともっとファンタジー色の濃い物を想像していたので以外としっかりした特撮怪獣映画じゃないかと思いました。平成ガ�... [Read More]

Tracked on May 14, 2006 at 23:02

« 銀座スカイラウンジ | Main | ぼーっとしたい(BlogPet) »