« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

August 31, 2007

23時の

玉川高島屋南館の風景。

8月31日故に、涼しげなライトアップ。

冬になると、暖かみのあるライトと、クリスマス向けのイルミネーションが綺麗なのよね。

070831_230801070831_230802

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2007

しゃばけドラマ化

大好きな小説「しゃばけシリーズ」が、ついにテレビドラマ化される。

大好きな小説なだけに、もしも映像化されたら、この役はこの俳優などと空想の配役が頭にある。が、現実ではそうなうまくハマらないもの。

なかでも、粋な妖である「屏風のぞき」は、是非ともみっちーに!と思っていたのだが、どうやら違うようだ。

とは言え、大妖の兄やふたりのうち一人は、空想とおりとなったので、楽しみである。

本当は、ドラマよりもアニメが良いな、と思っていた。挿絵がとってもかわいくて、このキャラクターがそのまま物語を進めていく姿も観たいのだ。

そんな素敵な挿絵は、こちらで!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 29, 2007

上島珈琲店

神保町の上島珈琲店は、喫煙場所がとても限られている千代田区にあって、貴重な喫煙可能な喫茶店である。

かつて銀行だった角地に三省堂スポット店に併設される型で店舗を構えているほうが先にでき、最近古書店が並ぶほうにも1店できた。

このお店は、どの椅子も座り心地が良いのが素敵。珈琲が美味しいのはもちろんのこと、この座り心地が良いというのは、居心地が良いということで、最高の休息地だ。

今月は、用事があって平日に2回も神保町に行ったので、午前中のゆったりとした時間をここで過ごすことができた。

涼しくなって秋の気配が感じられた今日、ここのソファに座った私は、そのまま眠ってしまいたかったー。

070829_093502


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2007

08月28日のmichi占い (BlogPet)

michiが占ってあげるね。

今日は「久しぶり運よさそう」だよ。
ドンと久しぶりを久しぶりするでしょう
久しぶりなのかー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2007

内出血(BlogPet)

きょうは、ドンと久しぶりを誕生したかも。
だけど、みっちゆばで内出血すればよかった?
だけど、きょう、はにゃと話するはずだったみたい。
それでコわにゃで終演したかも。

*このエントリは、ブログペットの「michi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2007

こんなに暑い日に

初夏の頃に予約をしたラムレザージャケットが用意できたというので、取りに行ってきた。

axcという、私のお気に入りのブランドで、毎日ここの服を着ている。トールサイズがまるで私の身体で型をとったかのようにぴったりで、パンツのお直しがいらないのが素晴らしい!

で、このaxcが久しぶりに受注生産のラムレザージャケットを今期発売。もちろん予約!これがもう、しっとりと身体にフィットする良質のレザーで、とても素敵☆

それを今日引き取りに行ってきたのだが、帰り道では灼熱の日差しを浴び、汗だく。だが手にした紙袋には、ラムレザージャケットと予約特典長マフラーが入っている。

服飾世界は既に秋。外がどんなに強烈な日差しでも(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2007

The Traces of 1998-2006

角松敏生25周年記念DVDBOX「TOSHIKI KADOMATSU The Traces of 1998-2006」が、ついに発送され、手元に届いた。

代金引換なのは気に入らないが、まぁ今回は佐川急便さんがちゃんと事前に電話をくれたので、写真集&DVDの時のような、いつ届くんだよ落ち着かないよ!、という心持ちにはならなかったけれども。

8枚組みのDVDは、解凍ツアーから昨年末のツアーまでを順次追っている。

収録されているツアーは、ほぼ全て観に行っているはずであるが、ツアータイトルを見てみると、すぐにその内容を思い出せず、それだけたくさん角松を観たんだなぁ、と思ったりした。

届く前は、どのDVD、どのツアーから観ようかあれこれ考えていたものだが、届いて現物をいざ手にとってみると、迷わずDisk7の「Behind the scenes of 2006 Player's Prayer Tour」を選んだ。

こうしてレコーディング風景から見せられると、角松のプロデューサーとしての仕事ぶりを垣間見られ、ちょっと尊敬する。

さーて、まだまだディスクはある。全部観終わるのに、どれくらいかかるだろうか。

070825_173501


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2007

炎のプリン

成城裏市場「萬福」にて、酒が飲める女子3人で、かなり飲んだ。

沖縄料理がメニューに随分と増え、定番ゴーヤチャンプルーのほか、海ぶどう、ゆで豚、シークヮーサー系カクテルなど、この暑い夏にぴったりの料理が美味しかった。

ザーサイの浅漬け、という新たな箸休めメニューが登場し、とても美味しかった~。2度もオーダーしてしまった。(^^)

3人ともお酒をぐいぐい飲めて、酒が強いと言われているが、甘いものを食べながら飲めるのは、私だけである(笑)。

萬福の「炎のプリン」が大好きで、そろそろお開きか、というタイミングでオーダー。バーナーで表面を炙り、最後は火をつけて行ってくれるという、イベントとしても楽しいメニュー!

酒量のバランスを考えず、がんがん飲みながら好き勝手になんでも喋りながらの宴席は、楽しいなー♪

070824_230402


| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 23, 2007

08月23日のmichi占い (BlogPet)

michiが占ってあげるね。

今日は「カサブタ運不調」だよ。
擦り傷はまだまだ健在でカサブタもいいカサブタにできてくるでしょう
michi、いい占いしてくれるね。^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2007

内出血って

先日転んで腫れた左足。擦り傷はまだまだ健在でカサブタもいい感じにできてきた。

が、腫れた後の内出血が下りてきて、足首より下がついに紫色になってきた!

不思議なことに、足の裏付近まで全部紫色になるワケではなく、きっちり真横に線が引かれたように内出血は留まっている。

内出血って不思議~。って、この歳でこの状態をまた見ようとは(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2007

木漏れ日に泳ぐ魚

恩田陸の最新刊「木漏れ日に泳ぐ魚」読了。まぁ、先週の話ではあるが。

先週の土曜日の「王様のブランチ」でも紹介されていたこの本。

引越し荷物が全て運び出された部屋で、男女が一晩語りつくすという、少ない登場人物の心の奥底まで洞察していくのが得意な、恩田陸ならではの秀逸な内容であった。

些か強引な展開も無いではないが、どんどん読み進めてしまっている間は気にならない。

最近、「上と外」のような壮大なスケールの作品より、こういった少ない登場人物の作品が多いけど、久しぶりに大長編が読みたいと思うのは、読了直後にしては贅沢な思いだろうか(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2007

2時間待ち

一昨日の擦り傷による内出血が、どんどん足首に溜まっていき、鉛色の足になった。何年ぶりだろう、この色の足を見るのは(苦笑)。

2日間も普通に歩けた訳だし、心配ないかなとは思うものの、念の為に整形外科に寄ってみた。

ら、先週一週間お盆休みだったという整形外科は、超混雑!なんと、2時間待ち!

挙句の果てに、先生に「相変わらずドジだねぇ、湿布も要らない程度の傷だよ。掠り傷は派手だけどね(笑)」と笑われた。

まぁ、良かった、良かった。^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2007

旅行(BlogPet)

きょうmichiは伸之輔とホールっぽい旅行されたみたい…
でも、michiが安部恭弘も開演したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「michi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2007

涼しい~

今日は、久しぶりに関東でも涼しい一日である。

休日なのにスカッと晴れないのは気に入らないが、まぁ今日は実家に帰っているので、それもまたよし。

実家に帰る、という気の緩みからか、久しぶりにしっかり転んだ。orz

この歳になって、こんな傷を負うとは。しかも擦り傷(涙)。

しかし転びなれているというのは素晴らしいことで(素晴らしいのか!?)、骨折しないところがスゴイ(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2007

庭園グッズ

予約していたCHANELコスメを引き取ってきた。

「ボンサイ」という名のアイライナーと、「WILD TULIP」という名の口紅。

帰宅して、早速「ボンサイ」を引いてみた。細く上手に引ければ、目元に深みが出る。が、ちょっと太めに引くと、なんつーか、瞼に葉っぱ乗せてるみたいになるんですけど(苦笑)。

ピンクとグリーンの配色は、どう考えても自分の顔に似合わないので、アイシャドウ等は買ってこなかった。きっと、それは大正解(笑)。

070810

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2007

サクッと

19時から飲み始めて、21時におあいそ。

サクッと美味しいものを食べ、美味しいお酒を楽しんできた。やればできるじゃん(笑)。みっちーのドラマにも間に合う帰宅時間だったし♪

とは言え、お誕生日のお祝いをしていただいたので、嬉しい一時であった。

070816_191501


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2007

SUMMER TIME IN BLUE

「SUMMER TIME IN BLUE ~さよならの共犯者~」という安部恭弘のアルバムがある。

毎日こう暑いと、夏をテーマにしたアルバムを聴きたくなって、今朝はこれを選んでみた。

何度も思う。安部恭弘の曲は、古くならない。

このアルバムに収録されている「憂鬱な楽園(パラダイス)」を聴いて、特に思った。このブラスの入り加減といい、強いリズムといい、まったくもって古くない!

去年は9月に六本木STBにてライヴがあったので、今年も期待していたのだが、先日届いたSTBのスケジュールには、残念ながら載っていなかった。

今年6月のライヴがエレクトリックバージョンで素晴らしかったので、是非ともまた近いうちにライヴで聴きたい。この、リリースは一昔前であるが、常に新鮮に聴こえる安部恭弘の音楽を。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 14, 2007

不惑

まだまだこれから!

お誕生日ケーキは、デメルのザッハトルテ3.5号をホールで食す。美味♪

070814_153701


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2007

Okinawa special

さて、肝心のライヴの内容やら感想やらを書いてみる。

人生初の沖縄旅行だったというのに、青い海も白い日差しも見ることがなかった。が、そもそも今回の沖縄旅行の主眼は、角松ライヴなのだから、暴風雨だろうが涼しかろうが、関係ないのよね(負け惜しみ)。

ミュージックタウン音市場は、北谷のアメリカンビレッジから少し離れたコザにあり、主要道路沿いにある新しい建物だった。

専用駐車場もあるし、沖縄グッズショップもある。すきやとウィンディズバーガーが同居していて、ライヴ前の腹ごしらえ&時間つぶしにぴったり!

ここで、10年ぶりに沖縄の友人とバッタリ!女の10年というのは、無情で残酷なものであるが、開口一番私達は「変わらないねー」と言い合った。きっと、私達に流れた時間は優しかったのだろう(笑)。

新しい建物なので、ライヴ会場もバリアフリーで広くて居心地が良かった。感動したのはトイレの広さ。女子トイレがあんなにスムーズに進むのは、動線を考えたレイアウトと個室の多さによる。素晴らしい!

そして、今回の座席は、ステージから3列目。角松ライヴ史上、一番ステージに近い座席であった。

Continue reading "Okinawa special"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2007

070811ミュージックタウン音市場

19:15開演、22:45終演。全25曲!沖縄ならではの豪華なライブだった!

「花の咲く頃、またお会いしましょう」と、角松はステージ去り際に言った。

Continue reading "070811ミュージックタウン音市場"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2007

沖縄は

沖縄は
物凄い暴風雨〜。

とりあえず、ライブ会場が野外じゃなくて良かった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2007

沖縄へ♪

沖縄へ♪
明日の角松ライブを観る為に沖縄へ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2007

Song for you

悲しいことは何度だって これからも訪れるだろう
そんなとき一人じゃないって 心強くいれますように
君が道を迷わぬように 僕は道を迷わない
腕を組んで二人でずっと 歩いていこう 前に 前に

「Song for you / 作詞:及川光博」


「BABY,YOU ARE MY STAR!!」のDVDが一昨日届き、2日かけてじっくり観た。もちろん、みっちーのコメント無しで1回、コメント聞きながら1回。

そのコメントにおいて、冒頭の「Song for you」4行の歌詞について「大切な4行」と、みっちーが言っていた。

私もここのところは大好きなので、みっちーが大切にしていると知り、とても嬉しかった。そして、DVDのこの曲はね、泣けるよ、泣けますよ!

というか、このDVDは素晴らしい出来栄えです!流石は伝説と奇跡を生んだ大阪だけある。ちょっと悔しいけど。

あぁ、早く次のツアーが決まらないかなっ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 08, 2007

楽園

宮部みゆきの新刊「楽園」読了。

「模倣犯」のスピンオフ作品である。「模倣犯」は、文庫になってから5冊を凄い勢いで読んでしまったが(読み進めずにはいられなかった)、この「楽園」も上下巻あるたっぷりの量があるけれども、結局3日で読んでしまった。

上巻はまだ気持ちに余裕があって、ゆっくり楽しもうという心持ちがあったのだが、読んでいくうちにそんな悠長なことは言っていられず、上巻を読み終えて、即、下巻にとりかかった。

「だったらどうすれば良かったのか」という、結論のない問いが重く残る作品ではあるが、最後にほっこりと温かくなれる救いのある内容だった。

夏休みのお供に、是非!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2007

YOU ARE MY STAR !!

暑さに消耗しつつ帰宅すると、HMVの箱が出迎えてくれた。

発注していたDVDが届いていたのだ!みっちーの「君こそスターだ!」ツアーDVDである。今回は、大阪厚生年金会館での収録。

つまり、私自身が観たライヴではない。これは、ワンマンショーに行きだしてからのDVDとしては、初めてかな?

大阪でのライヴは、「奇跡の夜」とか「伝説の夜」などと伝えられる程、もの凄い勢いでみっちーもベイベー&男子も燃えるそうだ。なので、とても楽しみ☆

届いたDVDは、3組あるのだが、今日はやっぱりみっちー観なくちゃね。(^_-)-☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 06, 2007

顔に庭園を画く

CHANELコスメのAUTUMN2007コレクションのテーマのひとつは「空想の庭園」だ。

9月の価格改定(値上げである)の前に、今週金曜日にどーんと限定アイテムが発売される。

4色シャドウで有名なレ キャトル オンブルには、ピンク、ブラウンそしてグリーンが配色されている。

早速サンプルをカウンターに見に行ったのだが、私が魅了されてしまったのは、深いグリーンのアイライン。その名も「ボンサイ」。盆栽ですよ、盆栽!

が、しかし。これが伸びが良くて発色が渋くて、大変使いやすい。ちょうどモスグリーンのマスカラを愛用している私には、もってこいのアイテム。早速予約した。(*'-'*)

ルージュ イドゥラバースからは、こっくりとした深みのある赤をベースにした色がでる。それぞれお花の名前がついているのだが、このなかから「ワイルド チューリップ」を選んだ。TULIPというバンドのファンだからではない(笑)。たまたま気になって手にとったルージュの名前がそれだったのだ。これも予約。

そして、普段使いのスキンケア商品の価格改定内容を聞いた私は、外の暑さのせいだけではなくクラクラした(苦笑)。

ま、とりあえず!この秋の新色を使って顔に庭園を画いてみるか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2007

Jazz Love Notes DVD

Love NotesのDVD、ALBUMⅠ、ALBUMⅡ、CHRISTMASの3枚のDVDが、3枚一組となって新たに発売された。

8月3日のトロピカルナイト@STB139のヒロ川島さんのMCによると、このDVDは日本語字幕がついていて、カラオケモードにもできる優れもの。そして、3枚一度に観て欲しいとのこと。

このDVDをトロピカルナイト@STB139にて入手した私は、今日3枚いっぺんに観た。真夏日の灼熱な日ではあるが、モノクロ画面で涼やかに歌う井上真紀さんの姿を観ていたら、ゆったりとした気分になってきた。

確かに、このDVDを3枚続けて観ると、Love Notesに完全に魅了される。しばらく、このDVDはヘビロテだな。

そしてこのDVDは、パッケージを開けると「3枚組って、こういう格好でディスクが入っているのか!」と、ちょっと驚き、すぐに「まぁ素敵♪」という気持ちになる。お勧め!

070805_000001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2007

jazz bird♪ 070803

六本木STBにて、Love Notesのトロピカルナイトを楽しんで、STBを出たのは22時30分。

同じ8月3日(金曜日)は、第一金曜日。表参道jazz birdでSweet Nailがライヴをしている日。それも、ヒロ川島さん抜きで!

これから表参道までダッシュで行けば、まだ3rdステージに間に合うやも!と、六本木交差点でタクシーをひろい、jazz birdに向った。

ちょうど3rdステージラストの曲が演奏される直前で、珍しくがら空きのステージフロアに直行。ピアノテーブルに着席。じゅんさんのMCにかぶる形でオーダーし、なんとか間に合った。

いつもはヒロさんが座るピアノテーブルの一番端にSaxのやぁどさんが位置し、ヒロさんの留守を守ってらっしゃいました!おまけのライヴでは歌っていました!

阿久悠さんを偲んで、ピンクレディーの話とフレーズで盛り上がってみたり、大きな箱からフレンドリーな箱に移り、更に喫煙し放題で、いつもの第一金曜日を楽しんだ♪

ここで日付変更線を向え、しかし、しっかり電車で帰宅した。うーん、珍しく堅実!

店を出る時、ママが追いかけて扉を開け「今日は遅くてお早くて」と声をかけてくれた。確かに、いつもはライヴが始まる前から居て、閉店時間(2時である)直前まで居るからね~。滞在時間が30分なんて珍しいよね~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 03, 2007

Love Notes トロピカルナイトライヴ

Love Notesのトロピカルナイトライヴを六本木STBで観た。いや、楽しんだ。

Love Notesのヒロ川島さんは、毎月第1金曜日に表参道jazz birdにてライヴをしているSweet Nailのメンバーでもあり、私はいつもこのライヴでお目にかかっており、最近はこのライヴの日にピアノテーブルのヒロ川島さんの隣に座り、かぶりつきでヒロ川島さんの素晴らしいトランペットを楽しんでいる。

そのヒロ川島さんを目当てにLove Notesのライヴに行ったのだが、これがとても楽しめた。トロピカルナイトであるので、フラが中心かと思いきや、スタンダードジャズも演奏され、しかも、いつもはトランペットしか演奏しないヒロさんが、ウクレレ、ギター、ヴォーカル、コーラス、そしてMC(それもたっぷりと長い!)までされていて、その多才ぶりに驚くとともに、惚れ直したというかなんというか!

いつもヒロさんのトランペットを真横で聴いているが、六本木STBの音響の良い環境で聴くと、その抜けと響きの美しさに驚愕した。今までどれほど贅沢な聴き方をしていたかを再認識したのももちろんだが、六本木STBのような環境で聴くべきものだったのかもしれないとも思ったのだ。

そして初めて観るフラ。井上真紀さんの神々しいまでのフラと、種別するなら癒しのヴォーカルであるのだがどちらかというと励まし系な声。あぁ~癒される~、という休息の癒しではなく、はぁ~元気になってきたぁ~、というような。ステージで共に踊られた方々もお上手なのだが、井上真紀さんのフラは踊りが自然というかまるで言葉を話すような、呼吸をするような、そういう風情。

ジャズセッション系の楽しみ方もできたし、とにかく楽しかった♪まだまだ音楽は、経験していない楽しみかたがあるな!

そういえば、ヒロさんがMCで「今夜はフルハウスです」と言っていて、確かに予約はSOLD OUTで満員御礼だったので、そういうのを「フルハウス」と言うのか、と思った。ぎっしりどの席も埋まっていて、18時開場のところ19時30分に到着した私達は、なんとかお気に入りの2階席に座れた。その時既に1階は満員だったもんな。あと15分遅れていたら、危なかったやも!

客層は何時に無く年齢層が高いかな?団塊の世代の男女ペアが多かったような気もする。耳に花を差している女性のグループがいらしたけれど、彼女たちはフラのグループかな?

終演後、ステージ撤収をしにメンバーがいらして、1階のお客様とお話していたヒロさんがふと2階を見上げ、運よく見つけていただけて、お話できて嬉しかった♪「楽しんでもらえた?」と何度も問われたけれど、本当に楽しかった!

070803_212601070803_230601
今夜のオリジナルサングリアは、いつもよりトロピカル度が高かった気がする(笑)。


Continue reading "Love Notes トロピカルナイトライヴ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2007

円熟の歌声

日本経済新聞の7月31日夕刊に「チューリップ 東京公演」というタイトルで、先日の東京国際フォーラム公演についての記事が掲載された。

アンジェラ和夫(笑)の写真付きだ。写真のキャプションは「円熟の財津和夫」。

とにかく誉めてある。そして、ネタバレまでしている。演奏曲目の一部が紹介されているのだ。まぁ、「こういう流れのライヴだったから、とても素晴らしかったんだ」、ということを伝えるには、彼らの場合には不可欠な曲目であるから、致し方ないけれども。

今ツアーの財津さんの歌声は、確かに秀逸だ。前回や前々回の再結成ツアーでは、毎回「咽喉の調子が悪いのかな?」というくらい、掠れていたり辛そうだったりしたものだ。だけど、今ツアーでは、まぁ伸びる伸びる♪

財津さんが調子が良いと、他のメンバーもばんばん張り切る。というか、みんな今ツアーは凄い。安部さんのギターは、ライヴを重ねる毎に本当に凄くなっていく。

「チームワークの良さが光り、円熟の境地が見え」と、記事は書いている。確かにそのとおり!流石は音楽評論家の方は言葉が素敵。

そして「終章は先送りしてもよいのではないかと思えるライヴ」と結んでいる。まったくもって、そのとおり!

|

August 01, 2007

梅雨明け

今日から8月!もう8月、まだ8月。ということで向日葵☆

しかも今日は梅雨明け。すっきりと暑いのが8月だよね。(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »