« 梅雨明け | Main | Love Notes トロピカルナイトライヴ »

August 02, 2007

円熟の歌声

日本経済新聞の7月31日夕刊に「チューリップ 東京公演」というタイトルで、先日の東京国際フォーラム公演についての記事が掲載された。

アンジェラ和夫(笑)の写真付きだ。写真のキャプションは「円熟の財津和夫」。

とにかく誉めてある。そして、ネタバレまでしている。演奏曲目の一部が紹介されているのだ。まぁ、「こういう流れのライヴだったから、とても素晴らしかったんだ」、ということを伝えるには、彼らの場合には不可欠な曲目であるから、致し方ないけれども。

今ツアーの財津さんの歌声は、確かに秀逸だ。前回や前々回の再結成ツアーでは、毎回「咽喉の調子が悪いのかな?」というくらい、掠れていたり辛そうだったりしたものだ。だけど、今ツアーでは、まぁ伸びる伸びる♪

財津さんが調子が良いと、他のメンバーもばんばん張り切る。というか、みんな今ツアーは凄い。安部さんのギターは、ライヴを重ねる毎に本当に凄くなっていく。

「チームワークの良さが光り、円熟の境地が見え」と、記事は書いている。確かにそのとおり!流石は音楽評論家の方は言葉が素敵。

そして「終章は先送りしてもよいのではないかと思えるライヴ」と結んでいる。まったくもって、そのとおり!

|

« 梅雨明け | Main | Love Notes トロピカルナイトライヴ »

TULIP・THE ALWAYS・安部俊幸」カテゴリの記事