« スパアスロン猪苗代大会 | Main | 世話(BlogPet) »

September 24, 2008

080923ホテルリステル猪苗代ボールルーム

スパトライアスロン猪苗代大会の後夜祭にLove Notesが出る。それだけで猪苗代に行って、スパアスロンに参加した私である。

スパアスロンで疲れた身体を、ホテルリステル猪苗代の素晴らしい大浴場と、猪苗代湖を見晴らせる露天風呂で癒し、待つこと2時間。後夜祭が始まった。

もっと大会参加者が居るかと思っていたら、なんと、ほとんど大会関係者で、それでも会場はまばらな感じ。せっかくLove Notesが演奏するのに、もったいない。

が、瓶ビールも500円、グラスワインも500円、ソフトドリンクも500円、という破格のドリンクはお得だった。やや内輪ウケな珍しい講演内容になった、野中ともよ氏の講演も聞けた。

いよいよライヴの始まりであるが、Love Notesは後夜祭出演アーティストのラストを飾る。大浴場を堪能した後、リハーサル直後のHiro川島さんと井上真紀さんにバッタリお会いでき、出演順をおたずねしたところ「最後♪」と教えていただいた。この終演時間によって、東京に帰る時間が1時間変わるので、結構ドキドキだった。翌日は仕事だからねー。

さて、Love Notesが出演するまで、数組のアーティストがライヴを行った。1組2曲から1曲。サクサクと進むが、いかんせん出演アーティストが多い。敢えて言わせていただけば、この規模の後夜祭にこれだけの数のアーティストを呼ぶのは如何なものなのだろう。1曲歌うために、ここまで来る、というのはプロモーションになるのかなぁ。こんなに少ない観客なのに。

とは言え。大会イメージソング「パプリカ」を歌っている「SUAL拳(サルパンチ)」のライヴは良かった!彼らはスパアスロンにも参加しており、ちょうど私の後方を歩いていたのだ、実に楽しそうに。至って普通のイマドキの若者なのだが、歌うとイケていた。思わずCDを買ってしまった。

待ちに待ったLove Notesの登場であるが、ステージセッティング中にトイレに行っておこうと会場から出る時に、入ってくるHiroさんに会った。「帰っちゃうの?」と、にっこり冗談を言われたので「まさかぁ♪」と応えた。

席に戻ると、ちょうどステージにメンバーが登場するところで、圧倒的な存在感の井上真紀さんと、ステージに立つと急に大きく見えるHiroさん。それまでステージで歌っていた誰よりも上手く、流麗な動きで会場の雰囲気を一気に真紀さんが変える。

Love Notesで2曲演奏した後、地元福島在住のSweet Nailのやぁど大森さん登場。大会関係者でもある彼がSaxを手にしてステージに上がり、ソロを吹いた時、ミュージシャンでもあるということを知らなかったのであろう客席の関係者の人達が、あんぐり口を開いた(笑)。

jazz birdのコンパクトなステージではなく、広いステージで離れた距離でソロのぶっ掛けあいを繰り広げたHiroさんとやぁどさんであるが、これでもかっ!なHiroさんの演奏、迫力あった!

Love Notesは5曲演奏してステージを下りた。流石の演奏で、一番迫力もあったし、盛り上がりもした。遥々と猪苗代まで行って良かった♪

結局、終演時間は当初の目論見を過ぎ、東京には23時過ぎに戻るスケジュールとなった。タクシーを呼んでもらって猪苗代駅まで出て、40分後にやってくる電車を待っていると、Love Notesのメンバーの皆さんも到着!思わぬ接近遭遇にドキドキ。普段、ステージの合間や終演後にご挨拶するのとはワケが違うからね。真紀さんとも会話らしい会話を初めてさせていただいて、メイクによるものではない、本物のの目力というものに接した。美しかったぁ。

郡山まで同じ電車で行って、郡山駅でお別れしたのだが、メンバー皆さんで手を振ってくださって、本当に猪苗代まで行って良かったなぁ、と思ったのであった。

|

« スパアスロン猪苗代大会 | Main | 世話(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

猪苗代って…なんだろう…?

Posted by: BlogPetのmichi | October 04, 2008 at 13:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/42676360

Listed below are links to weblogs that reference 080923ホテルリステル猪苗代ボールルーム:

« スパアスロン猪苗代大会 | Main | 世話(BlogPet) »