« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

January 30, 2009

賢者のプロペラ飛び立つ

数年前、平沢進のインタラクティブライヴを観に行った時、その時のコンセプトに合わせたグッズに「賢者のプロペラ傘」という、折りたたみ傘があった。

非常に使い勝手の良い傘で、大切に愛用していた。

本降りの今日、その傘を持って出かけ、仕事をした後、初めて行くお店でお祝い会があったのでそこでその傘を預けた。

「お預かりします」と言われれば、客席別に預かると、普通は思う。

が、大変美味しい料理を楽しんだ後、いざお店を出ようとしたら、預けた傘が無い。

わざわざお預かりした傘は、入口の傘立てに無造作に入れただけだったため、先客が持ち去ってしまっても、チェックはきかない。それは、果たして「お預かりします」というのだろうか。

お店の対応としては、同じ時間帯に居た予約客に連絡をとり、傘を間違えて帰っていないか聞いてくれたが、返答は誰も間違っていないと答えたそうだ。あれだけ美味しいお魚料理で日本酒をくぃくぃ空けた客が、その日の夜に聞かれて、傘が違うと分かる訳はないだろう。

賢者のプロペラ傘は、その名のとおり、私の手から不本意ながら飛び立っていった。

三軒茶屋で美味しいお魚でお酒を飲み、買った覚えもないのに、お手元に賢者のプロペラ傘をお持ちの方がいたら、是非コメントお願いします(苦笑)。

Continue reading "賢者のプロペラ飛び立つ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2009

投稿しないです(BlogPet)

きょうmichiが投稿とか読了しなかったよ。
それで食事しなかったー。
だけど、投稿しないです。

*このエントリは、ブログペットの「michi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2009

読了(BlogPet)

きょうは投稿♪
それでゆばぱんぱんは海堂尊へ読了した。

*このエントリは、ブログペットの「michi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2009

090117静岡市民文化会館

及川光博ワンマンショーツアー08/09 「RAINBOW-MAN」 静岡市民文化会館公演に行ってきた。

先月、神奈川県民ホールにて今ツアーを初めて観た後、その後のツアー予定が無いことが悲しくなって、カウントダウン公演の内容をネット各所で読んでいたら、衝動的に一番近くでやる静岡公演のチケットをイベンターHPでネット予約した。

開場30分前に現地チケット渡しだったため、1時間前に行っておいたら、先行グッズ販売をしていたので、並ばずにゆっくり見ながら余裕で買えた。ラッキー☆

しかし、30分前渡しのはずだったのに、15分前渡し(チケット担当の人が会場に入ったのが既に20分前だった)に伸びたため、結構冷えた~。あ、別に怒ってないですよ、うん、たぶん。

Continue reading "090117静岡市民文化会館"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 14, 2009

ジーン・ワルツ(BlogPet)

jaikoの「ジーン・ワルツ」のまねしてかいてみるね

海堂尊の「ジーン・ワルツ」が、本年最初に「

*このエントリは、ブログペットの「michi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2009

ジーン・ワルツ

海堂 尊の「ジーン・ワルツ」が、本年最初に読了した書籍であった。

年末に「小説新潮」のバックナンバーを処分するにあたり、読み落とした作品は無いかとチェックしていたところ、2007年に短期集中連載されていたことに気がついた。今更ながら。

「チーム・バチスタの栄光」に代表される「このミステリー小説がすごい!」大賞シリーズの著者にして、現役の勤務医である海堂 尊が書いた「ジーン・ワルツ」は、凄かった。

Continue reading "ジーン・ワルツ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2009

090109jazz bird♪

本年最初の投稿は、本年初ライヴとなるjazz birdでのSweet Nailから。

初雪か、積雪か、という荒天の天気予報に違わず、結構な雨降りの金曜日。表参道駅からjazz birdに辿り着くまでも、結構な暴風雨で、2年ほど前の台風のなかjazz birdに向った時のことを思い出した。その時に比べれば、傘が裏返らなかっただけマシであろう。比較の問題ではないが(笑)。

先月、20時に入店したら満員だったので19時前に入店してみたが、ピアノテーブルにひとり男性が居ただけで、余裕でヒロさん横の席を確保。悪天候のせいか、客の入りは先月ほどではまだなくて、ピアノテーブルもすぐには埋まらなかった。

大森サンが最初に到着されてから、メンバーの皆さんが次々と到着。大森サンには口髭が蓄えられていたが、髭があっても若々しい。そして、この日の淳サン、前髪を伸ばされたからか、しっとりとした雰囲気。ヒロ川島さんもこの日は早く到着されて、ピアノテーブルに見慣れた顔が揃っていた。

20時になり、1stステージが始まった。始まる直前、ヒロさんに「音が大きくて五月蝿くなるけど大丈夫?」と言われたが、それが良くて隣に座っているんですよん、と笑顔で答えた。

ヒロさんがリズムをとる足のステップを見られるのは、隣のこの席だけ。トランペットを吹く時の指の音も聞こえる。フレーズをキメた時にその勢いで自らの上半身が仰け反る時の風圧まで感じられる。しかも、ヒロさんの演奏をかぶりつきで聴けるのだ。うーん、至福。

ヒロさんと大森サンの2管が揃うと、その迫力にうっとりする。ましてやピアノテーブルだと、若林さんのピアノタッチの強弱を体感できる。そして、この日はベースの石井さんが凄かったんだよね。ヒロさん横だとベースを爪弾く音までしっかり聞こえるのだが、凄い勢いというかテンションというか、いやはや素晴らしかった!

が、なにより素敵だったのは淳サンのヴォーカル♪しっとり系のナンバーが多くチョイスされたこの夜であるが、吸い込まれるような瑞々しさと艶感。うっとりとするヴォーカルで魅惑した後の、爆笑MCのギャップがまた堪らない。惚れ直してしまいました! 「魅惑の虜」と「どーかお願い」では、ギャップに脇腹がつりそうに笑いました!

3rdステージが終わったのは23時30分。今回はワンステージが長かったかな?2ndステージあたりから、気付けば店内は満員!最近は、3rdステージまで人が減らないSweet Nailのライヴである。悪天候でもこれだけ集まるのだから、素晴らしい!

そういえば、ヒロさんのマネージャーさんがこのブログを見つけられたそうで、昨年一番たくさん観たのはヒロさんだ、ということをヒロさんも知ったとか。で、他にはいったい誰を観に行くのかと問われ、平井堅やみっちーや、と話たところ、「そんなイケメンと、俺等みたいなプープーとラッパ吹いているのとじゃ勝負にならないじゃない」と言われたが、そーんなことはまったく無いのよね。

それと、jazzはSweet NailとLove Notesしかほとんど聴いていない、という話をしたら驚かれた。最近なんだよね、jazzに興味が湧いたのって。

今年の初ライヴはSweet Nail。とても楽しかった。今年もたくさん観に行きたいな♪

ということで、今年もよろしくお付き合いのほどを。m(__)m

Sweet Nail
近藤 淳 Vo、ヒロ川島 Tp、大森 真 As、若林 稔 P、石井 朗 B宇都宮荘太郎D

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2009

2008年ライヴ鑑賞記録(BlogPet)

jaikoの「2008年ライヴ鑑賞記録」のまねしてかいてみるね

今日で今年も終わる♪
もっぱらこのでは、観てきたライヴについて書いてきたライヴについて書いてきたライヴについて書いているのだ...

*このエントリは、ブログペットの「michi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »