« 20101125東京国際フォーラム | Main | 20101217 STB139 »

December 05, 2010

20101204成城F Gohan

成城F Gohanにて2回目のSweet Nailsのライヴを観た。

8月に初めて行った時から、このキャパでライヴを?という程にこじんまりしており、22席のアットホームなお店だと思っていたが、今回は28人予約を入れてしまったとかで、夏にあったテーブルをどかしてあったり、面積にびっちり並べてみました、というほどの席配置で、この距離でヒロ川島さんの演奏きいたら風圧で仰け反るな、という感じであった。

予約が早かったのか配置の妙か、私たちは奥のテーブル席で近所にお住まいの高齢のご夫妻と相席になり、ぎっしり感はあるものの恐ろしいほどの密着ではなかった。テーブルあるだけ上等!みたいな。

このご夫妻が素敵で素敵で!音楽がお好きでFのご飯がお好きで、ご主人は口数がものごっつ少ないのだけれども奥様が朗らかで、大変盛り上がった。思い出すに、850円のほうのワインの銘柄と、帰りがけに名前を交換し合った時しかご主人はお話にならなかったような。。。

ライヴは3セット行われて、最初はブレバタ岩澤さんと成城大学OBの皆様とあおいママとかなちゃんのセッション。これにSweet Nails大森真サンと弟子のベティさんがコラボ。ベティさん、雰囲気が変わっていてしばらく誰だか分からんかった。大森サンは演奏位置をあちらこちらと変えられて、大忙し。

ブレバタ岩澤さんには、煙草を吸いに外に出た時に、ドアを開けていただいたり、普段どんな音楽聴いてるの?みたいなお話しちゃったけど、お話している時と唄う時と声の高さが違うのねー。驚いてしまった。

ヒロさんは煙草をやめてしまったけど、煙草を吸いに出た時に佐野元春のベスト盤に収録された「情けない週末」のフリューゲルホンはヒロさん演奏バージョンだった、とか、クリスマスSTB139ライヴの話とか、高松のお話をした。

このヒロさんが、いつもより数倍音だしてます!というとんでもないプレイでっ!最初のステージ後にお客さんの入れ替えが少々あったけれども、ほとんどがSweet Nailsのことなんか知らないはずなのだが、1曲目から魅了されていたもんねー!また儚げながらもしっかりプレイの大森サンがガッツリからむものだから、2管の魅力にぐぃぐぃ引き込まれていったのね、Fまるごと。

でもって、近藤淳サンの癒しのヴォーカルと魅力的なトークで一体感倍増。こう言っては失礼だが、やはりママとかなちゃんとは声の出が違うし伸びが違うし張りが違うのよ、ホント。しっとり感うるうるで、沁みこむ感じで、Grown-UpChristmasListなんて、泣けてきちゃったほど。

Sweet Nailsで2ステージやったのだけれども、最後のステージではアンコールがあっという間にかかった。相席の奥様は、想い出深いROUTE66の後のナイチンゲールで涙ぐんでたし。本当に感動したわ。

本当に音楽って素晴らしい!Sweet Nailsの皆さん、ありがとうございました!

ところで、Sweet Nail は、何時からSweet Nailsになったのかしらー?成城FもF Gohanになってたし(笑)。いずれにしても、Fのかなちゃんはとんでもなく美人でしかも働きモノ!一度行ってみるべし!

|

« 20101125東京国際フォーラム | Main | 20101217 STB139 »

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/50403129

Listed below are links to weblogs that reference 20101204成城F Gohan:

« 20101125東京国際フォーラム | Main | 20101217 STB139 »