« 2011初ネイル | Main | 20110203 Jz Brat »

January 27, 2011

20110127 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

~SENTIMENTAL PARTY IN Mt.RAINIER HALL 2011 Vol.1~1st Album 『センチメンタル・シティ・ロマンス』センチメンタル・シティ・ロマンス with 安部恭弘 を観た。

ただ、センチメンタル・シティ・ロマンスを一度観てみたいと思い、最近気に入っているホールでライヴがあるというのでチケットを取ったら、ゲストが安部恭弘だった。なんという偶然。

今まで観てこなくて大失敗!という程に楽しいライヴであった。

ステージは2部制で、1stステージではアルバムをそのまま演奏するという趣向。

そして、そのライヴを音源として、その日にCDとして購入できるという素晴らしい趣向!もちろん、買ってきた。限定500枚は、安部恭弘がゲスト出演する2ndステージ中に作成されるようだ。

もちろん、ちゃんとパッケージに入ってボーナストラック付き。すごーい!

セットリストは以下のとおり。

1. うちわもめ
2. うん、と僕は
3. あの娘の窓灯り
4. 庄内慕情
5. 籠時
6. 暖時
7. 恋の季節PART
8. 小童
9. おかめひょっとこ
10.マイ・ウディ・カントリー
11.ロスアンジェルス大橋Uターン

休憩後、安部恭弘登場
12.Trouble In My Mind
13.五線紙
14.Teach Your Children
15.(キャロルキングのカバー)
16.Cafe Flamingo
安部恭弘退場

17.センチメンタルシティ
18.旅の途中

アンコール
19.ある朝目が覚めた時
20.雨はいつか

まったく予習をしなくても、とーっても楽しめた。
今回、イベンターの先行予約でチケットをとったので2列目という好立地だったのだが、最前列には安部恭弘目当てのお客さんが多く、「安部さんのファンだよね、いつも見かけない人だもんね」とか「安部さん帰っちゃったかもよ」とか、安部恭弘目当ての客も飽きさせない。

もちろん、そんなことだけではなく、音楽が素晴らしいのよね!ぐぃぐぃ観ちゃったもの。

そこはかとなく緊張している安部恭弘を観るのも新鮮だったし(笑)。いつものようにニコニコして楽しそうだったな、久しぶりに観る安部恭弘は。良かったよ。

2月はEPO、3月は村田和人をゲストに迎え、セカンドアルバムとサードアルバムを演奏するライヴをやるという。

行けるものなら行きたいぞ!

|

« 2011初ネイル | Main | 20110203 Jz Brat »

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/50751287

Listed below are links to weblogs that reference 20110127 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE:

« 2011初ネイル | Main | 20110203 Jz Brat »