« 20111102 アルカスSASEBO | Main | 20111202 jazz bird♪ »

November 24, 2011

20111124 びわ湖ホール

山下達郎PERFORMANCE 2011-2012 びわ湖ホール公演に行ってきた。

元々24日~25日にリフレッシュ休暇を使い、京都を拠点にして周辺を観光しようと思っていたところ、イープラスの一般発売日にたまたま買えてしまったのだ、びわ湖ホール公演のチケットが。

なんという幸運☆

そして、18時40分に開演して、21時45分終演という長時間であるにも関わらず、まったく「長さ」を意識しないほどの素晴らしいライヴであった。

びわ湖ホールは京都駅からJRで9分ほどで行ける大津駅から車で5分程度のところにあり、外観も素敵であるが、芸術劇場なのでオペラ仕様で、2階から4階まではバルコニー席もある素敵なホールであった。

一般発売で購入した私のチケットは4階席中段であったが、まったく遜色のない音響で、達郎さんが何度か生声で歌ってくれた時も、しっかり聴くことができたほど。

達郎さんご本人によると、まるで30代半ばの頃に戻ったように絶好調で、ツアー開始から数公演を経た今日は、バンドとしても自分としてもライヴの調子が良いとのこと。まったくその通りで、とても素晴らしいライヴだった。

客席も素晴らしく、最前列の方がシャレが効いている方で、「ストリートミュージシャンはおあしをいただくものですから」と、ある曲で帽子をステージ前方に置いたところ、曲が終わった後におあしを入れたのだ。これには達郎サンもいたくお喜びであった。もちろん、おあしはお客様に返していたけれど(笑)。

「ツアーはまだ始まったばかりだから、これから皆さんお帰りになって、インターネット等でお書きになるかと思いますが、充分にご配慮いただきたく。といって、配慮してますといいながらセットリストをドン!と書くんだよな。人よりちょっと早く観たからって・・・云々」

ということなので、今日のところはセットリストは書かない。

書かないが、これだけは。今回のアルバムのなかで「街物語」が一番心震える曲だと思っていたのだが、びわ湖ホールで聴いた「希望という名の光」での感動は半端じゃなかった。もちろん、曲の前のMCの影響もあるやもしれないが、それを差し引いても、言葉に出来ないほどに感動したのだ。

長い今ツアー、他にもたくさん行きたいと、いつもの自分なら思っただろう。が、しかし。この感動を頻繁に体感しては身が持たないような気がするので、元々チケットを手にするのも困難なこともあるが、幸運にも観られる機会があるなら観たい。

真に良質のライヴは、そうそう出会えるものではない。

またもし、びわ湖ホールで達郎サンがライヴをやるのなら、万難を排して行きたいと思う。

|

« 20111102 アルカスSASEBO | Main | 20111202 jazz bird♪ »

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/53341900

Listed below are links to weblogs that reference 20111124 びわ湖ホール:

« 20111102 アルカスSASEBO | Main | 20111202 jazz bird♪ »