« 20120909 びわ湖ホール | Main | 20121008 東京国際フォーラム »

September 22, 2012

20120922 府中の森芸術劇場どりーむホール

TULIP "THE LIVE" 40th memorial tour 府中の森芸術劇場どりーむホール公演に行ってきた。

昨日、季節の変わり目の体調不良に襲われ、参加が危ぶまれたが、強い消炎抗生剤による強引な回復により、なんとか行けて良かったわー♪

開場時間前に会場に到着してしまったが、芸術劇場内は入れたので、たくさんある広いトイレや開放的なロビーのおかげで、ゆっくり待つことができた。ここのトイレの多さは感動的ですよ、ホント。どりーむホール内にもたくさんトイレあるしね。これは、結構大事なことなのよね。

今回の座席は、20列30番台でまたもや宮城さん側という切なさ。どりーむホールは段差が急なので、前の列の人さえ立たなければステージを見渡せるという素晴らしいホールで、病み上がりには有難いことであった。

開演直後から左斜め方向に身体を向け、ひたすら安部さんを追った。今日の安部さんは黒っぽいデニムに白いシャツ、ニットのスタンドカラーパーカーという出で立ち。今ツアーは衣装は2パターンということなので、これで両方観たことになるのかしらん。

府中のお客さんはハニカミ屋さんが多く、最初の曲で前方の人が少し立ったくらいで、掛け声はかなりかかるものの、総立ちになったのは2部最終曲から。掛け声はねー、びっくりするくらいかかったな。

次の行からセットリストです。情報遮断中の方はご注意ください!


2012.09.22 府中の森芸術劇場どりーむホール

開演 17:35

1.夏色のおもいで
2.明日の風
3.悲しきレイントレイン

安部さんMC

4.おいらの旅
5.置いてきた日々
6.セプテンバー
7.エジプトの風
8.思い出のフリスビー

安部さんMC(緊張してきたー)

生ギターコーナー 18:10
9.思えば遠くへきたものだ

姫野さんMC(ラジオ生放送の話)

10.博多っ子純情

財津さんMC(我々の理想のお嫁さんの歌)

11.僕のお嫁さん

12.Mr.プレスマン
13.ここはどこ

1部終了 18:32
休憩
2部開演 18:48

1.The Halo
2.ブルー・スカイ
3.心を開いて

安部さんMC

4.風のメロディ
5.なくした言葉
6.ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
7.青春の影

財津さんMC

8.虹とスニーカーの頃
9.Someday Somewhere
10.Shooting Star
11.心の旅

2部終了 19:45
ENCORE  19:48

1.銀の指輪
2.私のアイドル
3.夢中さ君に

MORE ENCORE 20:00
1.魔法の黄色い靴

終演 20:06


今ツアーでは安部さんは2本ギターを使っている。愛器RED335だけでなく、「おいらの旅」から「セプテンバー」までは黒いストラトギターを弾いている。ちょっとギュンギュンした音が出るような気がするー。

今日は姫野さんが話していると財津さんが妙にからんできて「うるさいなぁ、もう」と、姫野さんが笑いながらキレる仕草が可笑しかった。

「夢中さ君に」では、しっかり財津さんのネオンギターが光っていた!もしかしたら、びわ湖ホールでも光っていたのやもしれないが、安部さんロックオンで気がつかなかった(笑)。

びわ湖ホールの時に比べ、音が良くなったような気がする。あの後、神戸や福井でのライヴもあったし、慣れてきたのかな。

ステージ上もどんどん打ち解けてきて、というかリラックスしてきた感じがして、良かったなぁ。

今日配られたチラシを、席に着いてから見ていたら、安部さんと姫野さんの作品集CDを買うと二人の直筆サインとポスターをプレゼント、と書いてあり、瞬間理性がぶっとび、ダッシュでCD売り場に駆けつけ購入。既に持っているCDを…。でもでも、久しぶりの安部さん直筆サイン!そして、CDジャケットと同じポスターをもらって嬉しかった。

さて、次に安部さんに会えるのは東京国際フォーラム。楽しみーっ!

|

« 20120909 びわ湖ホール | Main | 20121008 東京国際フォーラム »

TULIP・THE ALWAYS・安部俊幸」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/55721051

Listed below are links to weblogs that reference 20120922 府中の森芸術劇場どりーむホール:

« 20120909 びわ湖ホール | Main | 20121008 東京国際フォーラム »