« 20130622 ニトリ文化ホール | Main | CHANELコスメ特別プレゼント2013 »

July 04, 2013

20130702 福岡サンパレス

TULIP "THE LIVE" 40th memorial tour ファイナル公演である福岡サンパレスに行ってきた。

割と週末開催だった今ツアーであるが、ファイナルは平日。

山笠の季節に合わせたかったのかな。

当日午後の飛行機に乗って福岡に行き、翌日朝の飛行機に乗って東京に帰ってくるという弾丸ツアーだったけれど、行って良かった。

いや、行けて良かった。

18時開場だったけれど、外はまだ充分に明るくて、降水確率50%なれど、空はよく晴れて、そして暑かった。

リバレインの「博多っ子純情」の飾り山を見て、会場まで歩いていく間にも飾り山があったり、ちょうちんが下がった道があったり、山笠の季節なんだなぁ、と感慨深かった。

福岡サンパレスに18時に着くと、すでに長い入場待ちの列。そして、タクシー降車を規制する大勢の警察・・・。あんなの初めて見た。

列は長いがサクサク進み、程なく入場できた。

入場してまず、テレビカメラの取材陣が居たのに驚き、客席に入ってテレビカメラが多数設置されているのに更に驚いた!

ずっと映像化を熱望していたので、やっと! でも、なんの撮影かは分からなかった(苦笑)。でも、NHKから花輪が来ていたので、NHKかな。SONGSもいいけど、DVDとして発売してほしいな。

まずは、ファイナルセットリスト


開演 18:35

1.夏色のおもいで
2.明日の風
3.悲しきレイントレイン

安部さんMC
(皆さんようこそいらっしゃいましたエグザイルです(笑)。今日も盛り上がっていきたいと思います!よろしくお願いします!)

4.おいらの旅
5.置いてきた日々
6.セプテンバー
7.エジプトの風
8.思い出のフリスビー

安部さんMC
(生ギターコーナーのお時間となります。ご存知のようにほとんど休憩時間となります。先月、我々は41周年に突入しました。皆さんのおかげです。本当にどうもありがとうございます。こうなりましたらどさくさにまぎれて、皆さんのお許しをいただければ50周年を目指します。)
という、安部さんの口からこんな嬉しい発言が再び!でも、この発言の時に財津さんがぼそっと「死んでるわ」と。なんということを!

生ギターコーナー 
9.逆回転

姫野さんMC
(今日は、僕等2回目、こうして福岡に戻ってきました。昨日から山笠が始まりました。山笠の季節にこの曲を歌えるのはとっても嬉しい気がします。ふるさとを歌ったこの曲を聴いてください)
いつもは冗長ともいえる長いMCの姫野さんがあっさり。ちょっと感極まっていたのかしらん。
10.博多っ子純情

財津さんMC
(綾小路きみまろ風のトークで場内を笑わせながら、曲へ)
11.僕のお嫁さん

12.新しい地球をつくれ!
13.ここはどこ

1部終了 19:35
休憩
(回を重ねるごとに走ってトイレに行く人が増えていたので、いつか誰かがやると思っていたら、ついに転んだ人がいた。見事なスライディングで、運動部だったという本人の弁のとおり、すっくと立ち上がってたけど、危ないから走らないほうがいい)

2部開演 19:55

1.The Halo
2.ブルー・スカイ
3.心を開いて
(今回も曲の最初ワンコーラス分くらいの間、安部さんが口パクで歌っていたのが印象的)


安部さんMC
(次の曲は、1976年にシングルとして発表した曲です)

4.風のメロディ
5.なくした言葉
6.ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
7.青春の影
(財津さんが歌いだすと客席から拍手がおこる)

財津さんMC
(TULIPというこのグループ名。可愛いといえば可愛いのですが。あれこれ言われましたが、ここまで長い間この名前を背負っていればもう体の一部です。最初はヒット曲があったのですが、しばらくたつとこの業界は移ろいが早くて、いつのまにやら忘れ去られていくようなそんな状況になっていきました。なんとか、博多からでてきたのですから頑張らなければと思いました。そんな頃、ひとつのヒット曲が)

8.虹とスニーカーの頃
9.Someday Somewhere
10.Shooting Star

財津さんMC
(皆さん、本当に皆さんのお顔に出会えただけでも嬉しいですけれども、暖かい拍手をいただき、またどこかでお会いできると嬉しいです。ありがとうございます!)
11.心の旅
(安部さんがこの曲の最初のワンコーラスを口パクで歌っているのを初めて観て驚いた)

2部終了 20:45
ENCORE 20:48

1.銀の指輪
2.あの娘は魔法使い

財津さんMC メンバー紹介
(昔シュンと呼ばれていた男、安部俊幸!紺色のシャツがよく似合う姫野達也!地元Sかまぼこ店の息子、上田雅利、あおいてるひこによく似た男、宮城伸一郎、そして私、財津和夫でした!)

3.私のアイドル
(今日はやらないかと思われていたので、何時も以上にすごい歓声!)

MORE ENCORE
1.魔法の黄色い靴

ONE MORE ENCORE
財津さんMC
(今日、いらしていただいたお客さんだけでなく、全国の会場にいらしてくださったお客さんに感謝します。この後、スタッフそれぞれの担当と名前をあげてお礼を。客席に来ていたかつてのスタッフにもお礼)
1.夢中さ君に

終演 21:14


始めから終わりまで、始終にこやかにステージに立っていた安部さん。だけど、とにかくよくお水を飲んでいたのが心配。後半から歌わなくなったのも、咽喉の調子のせいなのかしら。

ボタンが赤くないタイプの透ける素材のオフホワイトのシャツを着て、デニム姿。今ツアーでは、左手を腰にあて右手でギターを抱えて立つ姿をよく見た。今回も鞭のようにギターのシールドコードを操っている姿が。

しばらくこの安部さんと会えないのかと思うと、本当に悲しかった。

舞台下手上手、客席1階最後列センター、そしてステージ上手にカメラが配置され、舞台のカメラは客席を撮影していた。

この日の楽しげなとても素敵なステージを、どうか記録して残して欲しい。

客席の熱狂を、愛情を、すべてを残して欲しい。

びわ湖ホールから始まった私の旅は、北は北海道から南は九州まで、行ける範囲はどこまでも行った。

ただただ、TULIPのステージを観たくて、安部さんのギターを弾く姿を観たくて。

不慣れな土地に出向いた私を暖かく迎えてくださった各地のお友達、偶然隣り合った方、楽しんで来てねと送り届けてくださったタクシーのドライバーさん達、ありがとうございました。

どうか、何時の日かまた、TULIPのステージを観られる日がくることを心から願っている。

13歳の時に「虹とスニーカーの頃」を聴いて好きになって30年あまり。やっと行きたいと思った気持ちのままライヴに行けるようになった頃には解散してしまい、ずっと不完全燃焼だったけれど、今回やるだけやれて悔いはない。

最後に、安部さんに、姫野さんに、上田さんに、宮城さんに、財津さんに、スタッフの皆さんに心からの感謝を。

どうもありがとうございました。

|

« 20130622 ニトリ文化ホール | Main | CHANELコスメ特別プレゼント2013 »

TULIP・THE ALWAYS・安部俊幸」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89573/57725384

Listed below are links to weblogs that reference 20130702 福岡サンパレス:

« 20130622 ニトリ文化ホール | Main | CHANELコスメ特別プレゼント2013 »